クリスマス

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 00:21

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

こんばんは。

 

この記事を書いている時点で11時55分です。

だからまだクリスマス。

 

吉井和哉のバッカを聴きましょう

 

 

なん年前かのクリスマス。

僕はずっとこの曲を聴いていました。

今年は久しぶりに何回か聴きました。

 

今年はクリスマス週間が長いというか

24日が3連休の最終日だったので

みなさんがデートをする日は長かったんですよね。多分。

 

僕は月曜日の24日までがピークだと思っていたんですが

今日、25日の火曜まで名古屋駅にはデートしている人たち

手を繋いで幸せそうな人たちがたくさんいました。

 

だから、僕は今日もバッカを聴きました。

 

 

特に書きたい事はなかったのですが

愚痴でも。

 

僕はあまり良い人間ではないので

彼女がおりながら、土曜日、見知らぬ女性とディナーをしました。

 

海外旅行中に教わったデートアプリを使用して出会った人と。

 

顔が全くわかりませんでしたが

音楽の趣味で盛り上がったので

成り行きで土曜日ディナーをすることになりました。

 

まず、僕はクリスマス近辺に会いたくなかった。

本気じゃないから。

 

街が幸せにあふれているなか

顔もわからない、会ったことのない人と

ディナーをすることにあまりポジティブではありませんでした。

 

ただ、相手が積極的だったので。

乗ってみました。

 

あまりオシャレじゃない店にしたいと提案をしましたが

 

あちらが行きたいと言ってきたのは

栄で。

 

クリスマスはキャンドルのみで営業します。

 

そんな洒落ぶった店。

 

コースは1人7500円。

 

相当悩みました。

 

こんなこと言うのもあれですが

もし、すごく好みじゃないタイプの女性だったら

どうしよう。

 

酒代も含めると3万は覚悟です。

 

 

でも、乗った以上は引けなくて。

 

顔じゃない。

というのは僕には通用しなくて。

 

なぜなら、ほとんど完璧な彼女がいるから。

 

趣味が合う、話が合う程度のデートは必要ない。

 

ゴージャスなことがしてみたかった。

 

 

 

まあ、結果は予想通り。

 

すごく残念なタイプで。

 

しかも何が残念って、うるさくて品のないタイプの残念さ。

 

静かで、わきませているタイプなら

こちらも良い雰囲気?で楽しめたかもしれませんが

食事の仕方も汚く。

声も大きい。

内容も品がありません。

 

 

江國香織の映画について対談しているエッセイで

 

食事が印象的な映画を語っているチャプターがあって

その中で冷たい熱帯魚とか、コックと泥棒とかが出てきた。

 

人を醜く描く方法はいろいろあるけど

食事の仕方が汚いというのは、とても効果的な表現だと思う。

 

 

とにかく、品がなかった。

 

そして、当たり前の様に財布を出さなかった。

 

 

ただ飯を食いにきただけだった。

 

クリスマスに余っている人間には

期待しない方が良い。

元からわかっていたけど、乗ってしまった。

 

お会計は2万円。

思ったより安かった。

酒が進まなかったのかもしれない。

 

だからこれから2万円分は人に話さないと。

 

ただ、面白い話ではない。

 

顔を見たことがない女性とクリスマスにディナーに行ったら

残念な女性だった。

 

何も面白くない。

しかも思ったより安いし。

 

この煮え切らない感じ。

 

そのあと1人でバーを二軒回って3時半まで飲みました。

 

 

僕は彼女と、とてもうまく行っているし

別れるつもりもない。

 

じゃあ、なんでそんなことをするのか。

 

全くわからない。

 

一つ言える事は

罪悪感は全く感じていない。

たとえ、事を為すに至っても

罪悪感はないと思う。

 

あまり良い内容ではないと思うけど

あまり堂々と話せる内容でもないから

こういうところに書くのだと思う。

 

流行り風のお店

美味しくないご飯

品のない女性

 

散々だった。

 

でも、また同じことを繰り返してしまうのだろうなあ。

 

 

もう1年が終わりですね。

本当に何も変化がなかった。

僕自身成長できていないと思う。

 

全く変えることができない。

同じ過ちの繰り返しだ。

 

今回のデートアプリも。

何度顔が見えない人と会って残念な気持ちになったか。

 

まあいいんだ。

今年はもう終わり。

 

良いクロージングをしたい。

 

おやすみなさい。

オーラを掃除してもらってきた

  • 2018.11.24 Saturday
  • 23:49

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ほとんど半年も経っていた様です。

一人暮らしを始めています。

 

どうやら、半年前の自分は一人暮らしを始めれば

環境が変わり自分が変わると思っていた様ですが

自分は自分のまま。

ほとんど何も変わっていません。笑

 

自分への甘さも全く変わっていません。

 

別に不自由なく一人暮らしが行えておりますし

ちゃんとご飯も食べれている。

 

留学時代に親元を離れていますし

もとより1人でいることが好きなので

寂しさも感じていません。

 

 

ゴールデンウィーク頃から1人暮らしを始めていると思います。

最初は生活感がなかった部屋もぼちぼちと

人が住んでいる体をなしてきました。

 

細かいいろいろなことがあり

大きな事は変化しておりません。

 

 

あまりにも仕事がハードすぎて

僕の性格からして、今の担当アイテムが向いてなさすぎて

歪んていました。

 

かなりのストレスが自分でも感じられているし

それを発散するために?風俗という物にも行ってみました。

間違っている発散の仕方ですが

プラトンの国家を大学生の時に読んで

なんだか、仕事で疲れた時にはそういうところに行ってもいいのだ!

そういう風に思っておりました。

 

と言っても行ったのは半年で2回くらい。

別にはまっているわけではありませんが

僕は重圧に潰れそうになった時に、行きたくなっていて。

 

普段はそういう風に思わないので

自分を客観的に見て

 

自分が風俗に行きたくなるなんて、よっぽどストレス溜まっているんだなぁ。

 

と思ってみていました。

 

よくわかりませんが、それほどに仕事がハードだし

その仕事の必要とする性格に自分を合わせることができなかった。

 

そこそこに頑張ってはいます。

ただ、僕の仕事のやり方というか

性格を変化させないと大きな問題が起こってしまうポイントがあって。

 

それで余計に病んでいた。

 

 

そこで友達が以前行って大きな成果があった

 

オーラの掃除というものに行ってきました。

 

 

オーラの掃除ですよ。

意味がわかりますか?

僕は今だに意味がわかっておりません!

 

ただ結果、意味があった。

オーラが掃除されたからなのか、物事が好転した。

 

 

みなさんは占いを信じますか?

 

 

信じる人もいれば

信じない人ももちろんいると思います。

 

僕はどちらでもないというか。

こういう人も勿論いると思うんですけど

 

占いが当たるとか

当たらないとか

超能力があるとか

ないとか。

前世があるとか

オーラがあるとか

 

そういう事は問題ではなくて。

僕の中では。

 

 

 

とりあえず、そのオーラの掃除では

まず数分のカウンセリング?がありました。

 

現在の問題や

数年後の未来について

 

そこで、僕のぼんやり考えていた問題の

本質が見えたというか。

 

僕の現在担当しているアイテムの一つが

自分には合わないので

仕事を辞めたいと思っていたんです。

 

でも、その人と話していて

 

僕が辞めたいのは、そのアイテムの一つが原因で

他のアイテムでは上手く仕事をしていて

自分のやりたいことの一つでもある。

 

僕のやりたい事は、みんなの知らないものを

引っ張り出してきて、広める事。

 

だからある意味マイナーなバンドが好きだったり

映画が好きだったりする。

 

こんな良いものがあるんだよ!って。

 

だからある意味買い付けの出来る今の仕事は向いていると思う。

 

だけど、一つのアイテムだけが

僕には重すぎてきつかった。

 

 

そんなことを僕は意識もせず

とりあえず、今の仕事がきついから

 

今の職場を辞めたい

 

と思っていた。

でも、そのオーラの掃除をする人と話していて

なんとなく、今の僕が抱えている問題は

あるアイテム一つから引き起こされていることがわかって

しかも今の仕事が向いていることが意識できた。

 

 

 

その解決法は

 

宇宙へ求人を頼むこと

だった。

 

宇宙へ僕のやっているアイテムを担当してくれる人が

新しく入る様に求人を出すことだった。

 

宇宙へ!笑

 

驚きだった。

 

とりあえず、僕の悩みはそこで解決をしていた。

僕の扱うアイテムの一つが僕にとって重くて、それ以外の点では満足している。

 

それが改めて問題として意識できたことで十分だった。

 

そこからオーラ掃除の時間になる。

 

前世が何だったとか、そういうことが30分ほど繰り広げられる。

僕からすればそこらへんは、パフォーマンスタイム。

そこは、はっきり言って必要ない。

いや、必要はある。

 

面白かったから。

 

ちなみに僕の前世は

竹を切る職人だったらしい。

あと悪い宇宙人を捕まえる宇宙人。

あとモンゴルの遊牧民。

 

だから何という感じで

信じるというわけではない。

 

ただ、僕は占いの意義として

問題が意識されて、道筋を与えてもらえること

そこに意味があると思っていて。

そういう意味ではすごく意味がった。

 

 

そして何より驚きだったのは

ハローワークへ求人を出して1年半くらい応募がなかったのに

応募が来て採用になったことだ。笑

 

宇宙へ頼むと効力が違うよ!と言っていたのは嘘ではなかった。

 

 

よくわからないことが

本当にあるもんだと思った。

 

 

そんなことがありながら

僕は、なんとか生きています。

肌も荒れながら。

 

11月末になってしまいました。

今年も終わりです。

1月に立てた目標が大抵が達成されておりません。

ゴルフの110を切るくらいが可能性があるかな。笑

 

しょぼくてすいません。

 

また近いうちに書きたいとは思っています。

 

おやすみなさい。

実家を出て一人暮らしを始める

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 00:20

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

 

しばらく更新がありませんでした。

 

社長に心配されるほど、仕事の調子が悪く

いろいろなことが悪い方向に進んでいるような気がする状況で

全てのことがつまらなく感じていました。

 

日々を省みることをせず、だらだらと時が過ぎていました。

気づいたらもう4月。1年の3分の1が終わっています。

 

3月の初めころから一人暮らしを始めることを決めて

ちょこちょこと部屋を組み立てています。

 

実家を出る必要はハッキリ言って無いです。

職場までは自転車で15分の距離です。

電車は乗り換えなしの10分。

 

家事は母親がやってくれるし

困ることはほとんどありません。

 

そこが家を出る理由というか。

 

物事の状況が良く無い時は、環境を変えるしかないと思って。

 

僕自身を変えられない日々が続いたので

環境を変えてみようというわけです。

これは簡単に変えられるので。

 

僕が留学をした理由の一つは、アメリカに行けば英語を学ばざるをえないというか

英語を喋らないといけないからでした。

 

一人暮らしをすれば、甘えが消えると思い。

 

 

急を要する引越しでは無いので

少しずつ家具などを揃えています。

 

もうほとんど完成。

 

長いことかかりました。

 

思えば、このブログを書き始めたのはなん年前でしょう。3年前くらいかな。

 

あの頃は夢見る旅人でした。笑

 

目標もなくバックパッカーをするという若さ。

 

そんな僕が就職をし、車を買い、一人暮らしを始めようというのです。

 

不思議なものです。

 

一人暮らしのことについても書いて行きたいですね。

 

僕の部屋も載せたいです。

少しはおしゃれなので。

 

コルビジェのリプロダクト品を置いています。

ミーハーなので。

 

いろいろなことが口だけになって放置してあります。

僕の本棚の横には読みたい本が溜まっているのと同じように

手をかけ始めたことが、部屋に散らかっている。

 

引越しのタイミングで色々と整理をしようと思います。

 

ゴールデンウィークに引越しを完了させます。

 

 

ちなみに今はポールオースターのムーンパレスを読んでいます。

すでに面白い。!

 

そんなところです。

 

おやすみなさい。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM